出前授業どっとこむ出前授業どっとこむ

お気に入り

株式会社LIXIL

ユニバーサル・ラン~スポーツ義足体験授業~

スポーツ義足の体験や義足アスリートとの交流・講義を通じて、子どもたちの多様性への理解を育む授業です。国内外のパラ競技大会で活躍する現役のアスリートや、義足ユーザーが講師を務めます。

【教育関係者の皆様へ】
株式会社LIXILでは、「世界中の誰もが願う、豊かで快適な住まいの実現」をPurpose(存在意義)に掲げ、様々な人びとの生活の質の向上に貢献する製品やサービスの提供に取り組んでいます。コーポレート・レスポンシビリティ戦略の重要課題の一つして「多様性の尊重」をかかげ、年齢、性別、障がいの有無を問わず、すべての人が暮らしやすい社会を目指しています。本授業が、子供たちが多様性について考えるきっかけとなり、学びを深めていただく機会となれば幸いです。

♢出前授業どっとこむコンシェルジュより♢
実際に体験することで気づけたり、わかることがあるため、義足体験ができる授業はとても貴重です。それだけでなく、義足ユーザーさんからの座学やふれあいもあり、子どもたちにとって感じることの多い授業になること間違いなしです。

対象学年

小学5年生

小学6年生

教科

社会

保健体育

総合学習

SDGs

ジャンル

メーカー

費用
無料
対象人数
40~120人程度
対象地域

東京

埼玉

神奈川

千葉

その他

必要機材
・プロジェクター
・スクリーン
・PC
・マイク2本
・延長コード
・パイプ椅子10脚
・体育マット10枚ほど
・スナップ撮影用カメラ
※リモートの場合
所要時間
90分
授業内容
講師は現役のパラアスリートや義足ユーザーが務め、自身の障がいやパラスポーツへの取り組み、日常生活についてお話しします。
子ども達には体験用のスポーツ義足を着用して歩く体験をしていただく他、座学においては、障がいを切り口に世の中の多様性について考える時間を設けます。
質疑応答や発表を通じて、「みんなが暮らしやすい社会をつくるにはどうすればよいか?」というテーマについて考えを深めます。
授業のポイント
✓授業を通じて、義足を使いこなすアスリートの身体能力や努力を実感すると共に、
 障がいのある人やその暮らしを知り、異なる視点から社会を見つめ直すことができます。
✓SDGs の「人や国の不平等をなくそう」「住み続けられるまちづくりを」
 「パートナーシップで目標を達成しよう」に関連する授業内容となっています。
授業の流れ
【合計:90分程度】
*スポーツ義足体験
 体験用のスポーツ義足を着用し、スポーツ義足の弾む感覚や歩きづらさなどを体験してもらいます。
*座学
 義足使用者のリアルな経験談に触れていただきながら、障がいを含めた多様性について理解を深めます。
*グループワーク
*発表

※座学については複数クラス合同でも開催可能です。
教科
分野
キーワード
地域
曜日
費用
対象学年

ページトップへ