出前授業どっとこむ出前授業どっとこむ

お気に入り

一般社団法人防災ジオラマ推進ネットワーク

段ボールジオラマ防災授業

組立式の段ボールジオラマキットを活用したワークショップ型の防災学習プログラムです。
自分の住んでいるエリアの地図が印刷された段ボールジオラマをみんなで組み立て、楽しみながらまちの地形や災害リスクを学ぶことができます。



【教育関係者の皆様へ】
総合的な学習の時間などの授業カリキュラムはもちろん、PTAや地域とのイベントなどでも活用されています。
目的によって範囲やサイズはオーダーメイドで自由に設定することができます。1回限りではなく、枠に戻して繰り返し組み立てることも可能ですので、複数のクラス、複数の機会で活用いただけるほか、社会や理科の授業などでお使いいただくこともできます。文科省等の各種補助金の利用も可能ですのでご検討ください。

対象学年

小学4年生

小学5年生

小学6年生

中学1年生

中学2年生

中学3年生

高校1年生

高校2年生

高校3年生

中学生全学年向け

高校生全学年向け

教科

社会

理科

図工・美術

総合学習

ジャンル

その他

費用
100,000円前後※仕様で変動します
対象人数
30~40人程度
対象地域

東京

埼玉

神奈川

千葉

その他

必要機材
・プロジェクター
・マジック
所要時間
90分
授業内容
ジオラマを組み立てて、自分たちのまちの地形を知りましょう。
また、完成したジオラマを見ながら、災害の危険性について考え、話し合ってみましょう。
授業のポイント
✓パズル感覚で楽しみながら、子どもたちの防災への興味とやる気を引き出します。
✓自らがジオラマ作成を作業することで自分のまちの高低差を”体感”できるだけでなく、
 地形や災害を「自分ごと化」するためのハードルを下げることができます。
授業の流れ
【合計:90分程度】
※下記基本の流れとなっております。

*周辺の地形に関するクイズ(イントロ、スライド使用)
*ジオラマの組み立て
*危険そうな場所の考察
*ハザードマップの確認
*ハザードマップ情報のジオラマへの落とし込み(色塗り・旗立て等)=オリジナル立体ハザードマップの完成
*オリジナル立体ハザードマップを見ながらの話し合い
*避難等のポイント(スライド使用)
教材について
■段ボールジオラマキット(オーダーメイド)
■自治体等のハザードマップ
教科
分野
キーワード
地域
曜日
費用
対象学年

ページトップへ