出前授業どっとこむ出前授業どっとこむ

お気に入り

株式会社ニデック

目のおはなし

私たちの目から得られる情報は、人間が得られる情報のおよそ8割を占めているといわれているほど、目は重要な感覚器です。普段から何気なく使っている目ですが、老化や障害はいつ誰にでも起こる可能性があります。当社が行う出前授業は目の健康をテーマとし、皆さんに普段の生活を見直していただくとともに、目をより一層大切にしていただくきっかけを与えることを目的としています。

【教育関係者の皆様へ】
近年、小中学生の裸眼視力の低下が問題視されています。その原因として、デジタル機器の利用時間の増加があげられています。「GIGAスクール構想」により学校でも1人1台タブレットを支給され、子どもたちのデジタル機器の利用時間は、今後ますます増えることが予想されます。当社の出前授業をきっかけとして自身の生活を振り返る機会を作り、将来目が健康でいられるためにはどうしたら良いかを考え、習慣を変えるお力になれたらと思っています。

現在オンラインでの開催に限らせていただいております。
大変ご好評につき、2023年2月のお申し込みは締め切らせていただきました。(2023年1月、3月および4月以降は空きがあります)

♢出前授業どっとこむコンシェルジュより♢
なかなか自分の変化に気づけない・伝えられない小学校低学年から、スマホなど触る機会も増える可能性のある中学生まで広く聞いていただきたい授業です。クイズもあり、楽しみながら学べます。子どもたちの目の健康のためぜひご検討ください。

対象学年

小学2年生以下

小学3年生

小学4年生

小学5年生

小学6年生

中学1年生

中学2年生

中学3年生

小学生全学年向け

中学生全学年向け

教科

生活

保健体育

総合学習

ジャンル

メーカー

その他

費用
無料
対象人数
10人~1,500人程度
対象地域

東京

埼玉

神奈川

千葉

その他

必要機材
・Web会議が可能なPC
(または
iPad)
・モニター
(または
プロジェクター)
・接続ケーブル
所要時間
30分~40分
授業内容
※オンラインでの開催に限らせていただきます※

■デジタル機器と近視との関係・・・近年話題になっている「眼軸近視」。デジタル機器の使用と眼軸近視の関係についてお話しします。また目と姿勢の関係から、デジタル機器使用時の注意点をお話しします。
■デジタル機器と睡眠との関係・・・スマートフォンやテレビなどの画面から発せられる「ブルーライト」。夜寝る前にブルーライトがたくさん目に入ると、睡眠のリズムに悪影響を与えるといわれています。睡眠への影響と睡眠の⼤切さをお話しします。
※当社は医師・専門家ではないため、お話しできる内容が限られることをご了承ください。
授業のポイント
✓目と体の健康について改めて自分自身が向き合うきっかけづくりになります。
✓クイズや質問、体験を交えてお話しすることで、子どもたちが自らの生活を振り返りつつ今後どう生活に活かしていくかを考えるきっかけを与えます。
✓子どもたちがイメージしやすいよう、絵やアニメーションを用いたPPTを使用してお話しします。
授業の流れ
【合計:40分の場合】
*( 3分 ) 挨拶や自己紹介など
*(16分) デジタル機器と近視との関係 ※「目とモノの距離は30cm離そう」体験あり
*( 2分 ) 目を休ませる休憩時間
*(14分) デジタル機器と睡眠との関係
*( 5分 ) まとめ・質疑応答
※授業の時間は各学校のご要望に応じて調整可能です。
教材について
■クリアファイル(30cm定規が印刷されたもの)
■保護者の皆さま向けのチラシ(A4サイズ両面印刷1枚)
■A5サイズ会社案内・目のおはなし冊子
■ワークシート(講演時間35分以上で4~6年生、中学生対象)
教科
分野
キーワード
地域
曜日
費用
対象学年

ページトップへ