出前授業どっとこむ出前授業どっとこむ

お気に入り

自然菜園あかね空

第1次産業から見るSDGs

農家として行っているSDGsの取り組みや農業が抱える課題を学んでいきます。環境負荷、フードロス……様々な問題に対し自分にできる取り組みを考えることで、一人一人が課題に対して意識して過ごせるようになります。



【教育関係者の皆様へ】
自然菜園あかね空では、農業体験も行っております。実際に目で見て栽培や収穫まで体験してもらえるのが、子どもたちにとってより良い経験になると思っています。神奈川県横浜市近隣の学校様でご興味ありましたら、農業体験も合わせてご相談ください。

対象学年

小学2年生以下

小学3年生

小学4年生

小学5年生

小学6年生

中学1年生

中学2年生

中学3年生

高校1年生

高校2年生

高校3年生

小学生全学年向け

中学生全学年向け

高校生全学年向け

教科

総合学習

SDGs

ジャンル

その他

費用
50,000円
対象人数
30~60人程度人程度
対象地域

東京

神奈川

必要機材
・プロジェクター (必須ではありません)
所要時間
45分(50分)×2コマ
授業内容
農家としての地球に対する役割について一緒に考える時間を持つことで、SDGsの観点や一人一人が取り組めることを見つけていきます。
授業のポイント
✓第一次産業が私たちの生活において非常に大事な役割を担っていることを伝え、
 その中でも農業の観点からSDGsを考えていきます。
✓日本の未来をつくっていくために環境負荷を低減し、フードロスを削減していくために
 できることを考えていきます。
授業の流れ
*講師紹介
*第一次産業とは
*農業の観点からできるSDGsの取り組みってなんだろう
*環境負荷とフードロスを減らす取り組みについて
*未来に向けて農家ができること
*未来に向けて一人一人ができること
教科
分野
キーワード
地域
曜日
費用
対象学年

ページトップへ