出前授業どっとこむ出前授業どっとこむ

お気に入り

株式会社Unikle

現役学生起業家による商品開発体験授業
~0から1を生み出すデザイン思考で相手が喜ぶ財布を作ろう~

近年、イノベーションの考え方として注目されているデザイン思考(問題を見つけ出すところから始め、解決策を生み出し、価値をユーザーに届ける手法)を用いてアントレプレナーシップの醸成を目指す授業です。普段よく使う財布を題材に、問題点や解決できる箇所を生徒自らで考えながら、価値ある商品を作る体験型の授業です。アントレプレナーシップを実践的に学習できます。

【教育関係者の皆様へ】
ゼミでこれまで実践してきたデザイン思考(0から1を生み出す手法)のノウハウをもとに、現役学生起業家が講師になり、中高生に近い目線で授業を実施します。私たちは、アントレプレナーシップを、誰一人取り残さない考えをもとに「新しいことを考え、生み出すことが楽しい気持ち」と定義しています。本授業を通して、新しいことへのチャレンジを身近に感じてもらい、この先のキャリア形成に繋がるようなきっかけを提供していきます。

♢出前授業どっとこむコンシェルジュより♢
変化の早い現代社会でイノベーションを起こすために必要との注目度が高いデザイン思考。本授業では普段の生活で誰もが使う財布を用いて、友だち同士コミュニケーションを取りながら実践的に学べます。堅苦しい形式ではなく、学生でも受け入れやすい内容になっていますので、キャリア教育の時間等にぜひご利用ください。

対象学年

中学1年生

中学2年生

中学3年生

高校1年生

高校2年生

高校3年生

教科

総合学習

特別活動

テーマ

キャリア

費用
1コマ
20,000円
※別途交通費
対象人数
~250人
対象地域

中部

必要機材
・プロジェクター
・スクリーン
所要時間
50分
授業内容
「デザイン思考」は共感・定義・概念化・試作・テストの5つのプロセスがあり、授業の中でそれぞれのプロセスを自然と踏みながら進行できるように構成しています。
まず生徒同士ペアになり、今使っている財布の良い点や不満点をインタビューしあいます。(共感・定義・概念化)
インタビューにより見つかった財布の問題点に対して、それを解決できるような機能を考え、画用紙やダンボールを用いて考案した財布の試作品を作ります。(試作)
その後完成した試作品をペアの生徒と評価しあい、授業を締めくくります。(テスト)
授業のポイント
✔実際に起業した講師が授業を行うことで、起業を身近に感じてもらい、新しいことにチャレンジしたり、この先のキャリアを考えるきっかけにしていただけます。
✔起業家的資質・能力(情報収集・分析力、判断力、実行力、コミュニケーション力等)を身に付けることができます。
授業の流れ
【合計:50分】
*(10分) 導入
*(10分) 生徒同士ペアになりインタビュー
*(15分) 財布の試作(プロトタイピング)
*(10分) 評価
*( 5分 ) まとめ、振り返り

※2コマ(50分×2)100分の授業や内容のアレンジも可能です。
※試作品づくりの材料(画用紙等)はお持ちしますので、学校側で用意は必要ありません。
教材について
■ワークシート
■財布の材料
教科
テーマ
キーワード
地域
曜日
費用
対象学年

ページトップへ